「ポケモンGO」をご利用の皆様へ

昨日、日本でもサービスが開始されました、スマホゲーム「ポケモンGO」ですが、
調査を致しましたところ、当山内にもポケストップジムの存在が確認されました。

「ポケモンGO」をご利用の方は、以下のお願いをご理解の上、お楽しみ下さい。

参拝の皆様の妨げにならないようプレイして下さい。
(まずは本尊様にご挨拶をすると、レアなポケモンがゲットできるかも知れません。)

○周りにご注意の上、くれぐれも歩きスマホはしないようにお願いします。

建物の中立ち入り禁止の場所には入らないようにお願いします。

草むら石垣森の中には、ポケモンではなく、実際のマムシや危険な虫がいることがあります。くれぐれも近づかないようにお願いします。

夜間はご遠慮下さい。
(防犯センサーに感知された場合、SECOMさんが駆けつけます。)


「ポケモンGO」をご利用の皆様へ” へのコメントが 1 点あります

  1. 金毘羅大権現様といえば、琴平の象頭山で役の行者が感得したのがすべての始まりでしょうが、今では大物主神に変わってしまって金毘羅大権現様はいなくなりました。そこで、現在は御大師様が感得し湧出したこの箸蔵さんの金毘羅大権現様が最古唯一です。それをもっと強調し、こんぴら奥の院というより、元祖こんぴら大権現としてもっと宣伝すべきです。石鎚権現といえば御神像もあり、石鎚蔵王権現像があちらこちらにあって、すぐ思い浮かびます。でも、金毘羅大権現といっても仏像マニアの私でもどんなお姿か思い浮かびません。ネットで調べてもギメ東洋美術館にある仏像の画像しか出てきません。
    本家本元の箸蔵寺にもその仏像があるのかないのか見たことありません。ここで、ぜひ、金毘羅大権現の等身大仏像を作って常設展示して、広く金毘羅大権現を広めるべきではありませんか。
    粘土で作って鋳造すれば、木造より安値で早くて保存も容易で、常時公開しても大丈夫と思います。
    道後の宝厳寺の焼失した重文の一遍上人像が青銅製漆塗で完璧に復原されていました。その手法を使えはいいと思います。
    ぜひ、ご検討下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.