薫習-高野の昼寝-

IMG_5785

「高野(こうや)の昼寝」という言葉をご存じでしょうか? 高野山という聖域で昼寝をしていると、清らかな空気や遠くから聞こえる僧侶の読経、かすかに薫るお香などを感じ、昼寝をしているだけでも知らず知らずのうちに信心に目覚め、何かを得られるという意味です。 また、「薫習(くんじゅう)」という言葉も、「お香」 続きを読む

雑感(20170418)

IMG_5858

趣味と仕事の違い 趣味は、自分が望むもの。 自分がお金を払ってでもやりたいこと。 誰に分かってもらえなくてもいい。 仕事は、誰かや社会が望むもの。 やることによって、お金や感謝、色々なものを頂く。 つまり、仕事は、誰かが評価している。 もちろん両立もあるけれど。 好きなことを仕事にする場合、 「貴方 続きを読む

雑感(20170413-2)

IMG_5932

悩むということ、選ぶということ 未来の選択を悩むということは、まだ選んではいないということ。 「次の電車に乗るかやめるか」は、例え悩んでいたとしても気持ちが定まったとしても、その時が来るまではホームにいることは変わりはない。 現在の選択を悩むと言うことは、既に選んでいるということ。 この場合は、自分 続きを読む

雑感(20170413-1)

人生とRPG。 RPGでは、全てのアイテムをゲットし、全てのイベントを攻略し、レベルを最高に上げることが究極のゲームクリアであるならば、最終目標は何でも持っている同じキャラを育成することにたどり着く。 色んなジョブがあり、マルチエンディングがあったとしても、所詮、そのゲームを作った「誰か」が頭の中で 続きを読む

セカンドライフ&終活フェア

IMG_5648

徳新さん主催の「セカンドライフ&終活フェア2017」に参加してきました。 アスティ徳島です。 今回は徳新さんより、四国三十六不動霊場に、お砂踏みのご依頼がありました。 箸蔵寺も第四番の札所となっています。 四国三十六不動霊場はそれを巡ることにより、六波羅蜜の修行ができるという一面を持っています。 六 続きを読む

雑感(2017/03/23)

最近、思うこと。 ○最善の結果を望み、最悪の事態に備えているのが、ポジティブな人。 ○最悪の結果しか想像できず、最悪の事態に備えているのが、ネガティブな人。 ○最善の結果しか想像せず、最悪の事態を考えもしない人は、脳天気か現実逃避…。 なのではないかと。 Tweet

花時計

IMG_5552

以前、高松駅の駅前に花時計があったことをご存知でしょうか? この花時計、平成10年に徳島県の県西部、三好市の三好高等学校(当時は三好農林高校)に引き取られ、現在も時を刻んでいます。 正門の横で、季節の花に彩られ、大切にされている花時計。 針は当時のものが使われているそうです。 当時を知っている方なら 続きを読む

腕輪念珠の楽しみ方2

IMG_5261

以前、別格霊場の授与品の、ツゲの腕輪念珠をアレンジする方法をご紹介しました。(リンク参照) 本来の仕立て方 以前ご紹介した腕輪念珠です。   今回は新たに、ツゲ珠を用いた108の本連念珠を仏具屋さんに依頼して作成してもらいました。   別格のツゲ念珠と、親玉セットに付属するお大師 続きを読む

知っても仏、できても仏

CIMG0393-1024x768

「知らぬが仏」は、「誰かにとって辛いことや腹の立つことが起こっていても、本人が何も知らなければ、心穏やかに過ごしている」という意味のことわざです。 元来、仏様は全てを見渡せる力を持っているので、僧侶としては「知らない仏」がいることは想像できません(笑) 仏さまは、世の中の怒りも苦しみもすべてが分かっ 続きを読む

初心の黒衣・如法衣

img_5097

  平成元年に、本山(仁和寺)で修行をしたときの黒衣と如法衣です。 修行中着ていたので護摩の焼け焦げもあり、かなり使い込んでいるので公の場で用いることはありません。 ただ、年に一度だけ、当時の心に戻るため、除夜の鐘の後の、諸堂参りには着るようにしています。 今年もこちらを着用して新年を迎え 続きを読む