八代目団十郞の灯籠

灯籠の全景。左右共に同じ文字が彫られている。

市川家の定紋である三枡紋がいくつも入っている。
火袋(火を灯す部位)の枠も三重になっており、三枡紋をかたどっている。
さらには三段になった四角い土台も真上から見ると三枡紋に見えるところに奉納者七代目団十郞の遊び心が感じられる。
側面の牡丹の模様も市川家ゆかりであることを表している。

上段→「奉納」
中段→「子孫蕃育祈」・・・子孫が繁栄するようにの意。
下段には海老蔵(七代目市川團十郎)とその息子7人の名前が。

(右から)
七代目 海老蔵
伜 八代目
団十郎(長男)
重兵栄(二男)
高麗蔵(三男)
猿 蔵(四男)
幸 蔵(六男)
赤 乎(七男)
権之助(五男)

建立年月日は記されていない。
このことについての考察「箸蔵寺の団十郎の灯籠の謎」はこちら