第39回交通安全護摩

6月17日(日)、本年も、交通安全護摩が行われました。

交通安全護摩は、池田町箸蔵地区の交通事故減少を願って始められ、今回で39回目となります。
国道32号線の改修で交通事故が増加した時、当時の警察、交通安全協会の方々と名誉住職が相談して開始され、毎年続けて行われている行事です。

6/18の徳島新聞の記事です。

 

今年も護摩殿にて護摩祈祷の後、地元の小学生が交通標語を付けた風船を境内にて飛ばしました。
今年も最高のお天気で、風船はあっという間に空高く登っていきました。

本年は、鳩も準備されていました。
放たれた鳩は、元気よく梅雨の晴れ間の空に羽ばたいていきました。

三好郡市、そして全世界の皆様の交通安全を心よりご祈念致します。