「般若心経昇経段」の整備に関するお願い

箸蔵寺の本坊よりご本殿までの石段の段数は二百七十八段となっております。これは仏教で最も読誦されている「般若心経」の文字数と同じです。
偶然なのか、先徳のどなたかが承知の上で数を合わせたのかは今では全く分かりませんが、不思議なご縁を感じます。

般若心経は、読誦する「読経」や、書写する「写経」により功徳を得ることができる経典です。
それならば、般若心経を心に感じながら一段一段を踏みしめて昇ることによっても、その功徳を得られるのではないでしょうか。

そのようなことを考え、このたび、読経や写経に続き、階段を昇る毎に経典の功徳が得られることを「昇経」と銘打ち、般若心経の文字が一文字ずつ彫られた石板を特別祈念し、石段の一段ごとに貼り付けた「昇経段」の整備を計画致しました。

般若心経の文字の石板と「昇経段」石柱の作成および設置、本計画のために必要な事業、境内整備等を行います。

当山にご参拝の多くの皆様が「昇経」の功徳を得られますよう、此の度の趣旨にご賛同頂けます方は、何卒ご協力の程お願い申し上げます。

般若心経 昇経段 ご奉納のお願い

pdfはこちら

お申込書のダウンロードはこちらです。

pdf 般若心経昇経段申込(pdf版)

Excel 般若心経昇経段申込(Excel版)